「これを食べているからOK」は、OKではない!

いつもものぐさな人が・・・あるときテレビを観ていると・・・「これを食べたら医者いらず!」なんてある1つの食べ物を紹介している番組を見たとしましょう。その人は普段から「外食が多く」家では自炊などしないのです。まあ、したとしても・・・得意なものは炭水化物を作ることだとしましょう。もちろんお料理ができることは素晴らしいことです。作れるものが1つだとしても、それができるのであればいいでしょう。ただ、「自分の体調を管理する」というところまでは至っていない。ただ、それだけなのです。それはこれからどうにでもできましょう。・・・

さて、先ほどのように、「これを食べたら健康になる!買ってくるだけでいいなら簡単だからやろう!」と意気込んだとします。「健康に気を遣う」ということは素晴らしいこと。ただ、「それだけを食べていたら健康になれる」と、いう意識が・・・「すでに間違っている」ということです。本当にそれだけで健康になれるとお思いなのでしょうか?そんな風には思ってほしくないものです。だって、何のためにこれだけの食べ物が日本にはあるのでしょうか?

和食には・・・ご飯のほかにもたくさんの小鉢がついてくるもの。これはなんのためにあるのか?そのことについて考えたことはありますか?「おいしさと、栄養」と考えた上にそれほどの種類が食卓に上るようになっているのです。「1つだけで健康に・・・」なんて魔法のようなものはありはしない。それはあくまで、「それ以外の基本の生活」があって成り立つものです。

「りんご」は、非常に健康的で、栄養価も高いものです。ただ、それだけを食べているのであれば・・・もちろんのことながら「栄養失調」になるでしょう。「基本があっての効果」これならばどんどん食卓に取り入れてもいいと思いますよ。

どうですか?まずはなにかをしてみたいとは思いませんか?いざというときに「薬」に頼らず・・・自分の身体の中で治せたらいいですね。

心斎橋 まつげエクステ ナチュラル

検索エンジン最適化

ホースメン会議ばかりみています

北欧デザインベッドなどおしゃれな家具揃っています。